新しい資金調達の方法!クラウドファンディングを知ろう!|The Finance
HOME>info>新しい資金調達の方法!クラウドファンディングを知ろう!

資金を集めたい

企画はあるけれど資金がない、プロジェクトを始めたいという人が始めるのがクラウドファンディングです。従来資金を調達するためには銀行で借りることが一般的な方法でしたが、新しい資金調達方法として人気になっています。「クラウドファンディングをしたいけど、大丈夫かな」「デメリットは無いの?」と不安になっているあなたにクラウドファンディングの注意点について書きましたのでご覧ください。

クラウドファンディングの素朴な疑問

どうやって始めるの?

利用したいサービスに登録して目的を申請しましょう。審査を通ればクラウドファンディングがスタートします。

支援をどうやって募ったら良いの?

閲覧者が増えれば支援が集まります。SNS等でPRすることが大切です。

どんなプロジェクトにお金が集まる?

発起人が社会的なメッセージを込めているプロジェクトは成功しやすいです。

クラウドファンディング

すぐに資金が集まらない

銀行などに融資を申し込むと、審査に通ればすぐにその資金を用意してくれます。すぐにでも資金を使ってプロジェクトを開始したいときがあるでしょうが、計画通りに進めやすいと言えるでしょう。ではクラウドファンディングを使うときはどうかです。ネット上から広く出資者を募る方法なので、必ずしもすぐに資金が集まるわけではありません。過去に良い実績などがあると集まるときもありますが、通常は一定期間かかると考えないといけないでしょう。

融資型なら返済が必要

クラウドファンディングにはいくつかの種類があり、寄付型は返済が不要です。仮にプロジェクトが失敗に終わったとしても、集めたお金を返金する必要はありません。一方融資型や株式型、購入型は一定の見返りを期待して融資されます。融資型なら元本と利息を返済しないといけないので、失敗してお金がない状態だと返済ができなくなります。資金の活用方法を綿密に考えて利用しなければいけないでしょう。安易なプロジェクトで資金集めをしてはいけません。

アイデアが盗まれる

画期的なアイデアをもとにプロジェクトを実行したいが、お金がない時にはクラウドファンディングでお金を用意できるかもしれません。ただ資金集めでは資金の使い道を知らせる必要があり、アイデアを公表するとそれが盗まれる可能性があります。

広告募集中